ユーザー登録
文字サイズ

北区ニュース 令和元年10月20日号

東京北区渋沢栄一プロジェクトを推進します!

10/37

東京都北区

近代日本経済の礎を築いた渋沢栄一翁が、令和6年に刷新する一万円札の肖像に採用されることが決まりました。渋沢翁は、飛鳥山の一角に邸宅を構え、61歳から亡くなるまで過ごした北区にゆかりのある偉人です。
区では、渋沢翁の事績や精神を広く発信していくことにより、北区のイメージアップへとつなげる「東京北区渋沢栄一プロジェクト」を関係団体と協力しながら推進していきます。

●プロジェクトのキャッチコピーはLOVE LIVE LEAD
LOVE:渋沢翁が愛した北区
LIVE:渋沢翁が住んだ北区
LEAD:時代の「始動」の拠点となった北区
渋沢翁の精神を受け継ぎ、今を生きる私たちも北区をもっと好きになり、北区を盛り上げていこうという願いを込めています。プロジェクトや関連イベントについては、ホームページをご覧ください。

●他自治体や民間団体とも連携を進めています!
▽~新一万円札の顔 渋沢栄一翁が繋ぐ~北区と深谷市パネル展示
共催:北区・深谷市・(公財)特別区協議会
協賛:渋沢史料館
日時:10月1日(火)~11月2日(土)(日曜、祝日を除く)午前9時~午後8時30分(土曜は午後5時まで)
場所:東京区政会館(千代田区飯田橋3-5-1)

●北区のまちなかでも盛り上がっています!
▽パネル展示「渋沢栄一街中(まちなか)史料館」
主催:きたシティ・いい店&老舗の会
共催:北区
日時:11月8日(金)~令和2年3月31日(火)〔12月29日(日)~令和2年1月3日(金)及び2月9日(日)を除く〕午前9時~午後9時
場所:北とぴあ17階展望ロビー
内容:渋沢翁が愛した王子飛鳥山を望む今・昔、91歳の生涯とその事績などを紹介

▽グランド・オールド・マン我が街の偉人 渋沢栄一クイズラリー
主催:Kプランニング
区内の老舗の店主達が中心となり、王子・飛鳥山周辺を舞台にいい店・老舗の会の店頭にある問題を解いて巡る渋沢栄一翁に関するクイズラリーを開催します。
日時:11月3日(祝)~12月24日(火)
クイズラリー応募用紙配布場所:クイズラリー参加全店、北区役所、北とぴあ、図書館、北区飛鳥山博物館、荒川区役所、板橋区観光センター

=以下、共通=
問合せ(街中史料館・クイズラリーについて):(有)Kプランニング(きたシティ)
【電話】3943-1790

問合せ:広報課
【電話】3908-1102

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル