ユーザー登録
文字サイズ

北区ニュース 令和元年11月10日号

インフルエンザが流行しています

16/20

東京都北区

インフルエンザは例年12月から3月にかけて流行しますが、今年は流行が早くなっており、特に注意が必要です。
インフルエンザにかからない、感染を広げないための対策を一人ひとりが心がけましょう。

●インフルエンザの症状とは?
インフルエンザとはインフルエンザウイルスによる呼吸器感染症です。
普通のかぜは、のどの痛み、鼻汁、せき、くしゃみなどの症状が中心で、一般的に軽症です。一方、インフルエンザの場合は悪寒、倦怠感、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が強く、併せて、のどの痛み、鼻汁、せきなどの症状も見られます。高齢者や乳幼児では肺炎や脳炎などを合併することもあります。気になる症状があれば、早めに受診しましょう。

●医療機関を受診するとき
受診のときは、マスクを着用しましょう。できれば、事前に電話を入れて症状を伝えたうえで、医療機関の指示に従って受診しましょう。

●個人でできる予防対策
予防のポイントは、「手洗い」と「せきエチケット」そして「ワクチン接種」です。さらに、十分な睡眠、適度な運動とバランスの良い食事、こまめな室内の換気と湿度(50~60%)を保つ、人ごみへの外出を控える、マスクを着用するなどを心がけましょう。
手洗い:インフルエンザウイルスが付着したものをさわった手で、口や鼻の粘膜をさわることで感染する可能性があります。汚れが残りやすい指の間や指先、爪の間を意識して、手洗いを励行しましょう。
せきエチケット:感染した人のせき、くしゃみによってウイルスが飛び散り、それを吸い込んで感染します。せきやくしゃみの症状があるときは、マスクをしましょう。マスクをしていない時にせきやくしゃみが出る場合は、口や鼻をティッシュなどで覆うようにしましょう。また、使用済みのティッシュは、ごみ箱にきちんと捨てましょう。
問合せ・インフルエンザについて:北区保健所保健予防課結核感染症係
【電話】3919-3102

●ワクチンの接種
重症化予防のためワクチンを受けましょう。65歳以上の方は、高齢者インフルエンザ予防接種を受けられます(令和2年1月31日まで)。自己負担は、2,500円です。〔72歳以上の方(昭和23年3月31日以前に生まれた方)及び接種対象者のうち生活保護等を受けている方は、自己負担金が免除されます〕
問合せ・高齢者インフルエンザ予防接種について:健康推進課コールセンター
【電話】3908-9034

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル