ユーザー登録
文字サイズ

北区ニュース 令和元年9月20日号

花*みどり やすらぎコーナー

14/32

東京都北区

◆秋の七草を知っていますか
春の七草は1月7日に七草粥を食べることで有名です。春の七草が食べて楽しむのに対し、秋の七草は見て楽しみます。ハギ・クズ・ススキ・ナデシコ・オミナエシ・フジバカマ・キキョウ。どれも夏から秋にかけて美しい花や穂をつけます。薬草としての効果もあり、昔から日本人に親しまれてきた植物です。
しかし、秋の七草の中には、環境の変化により野生下ではあまり見られなくなってしまったものもあります。例えば、キキョウは環境省により絶滅危惧種に指定されています。オミナエシは東京都で絶滅しています。そして、秋の七草の風習も、現在では知る人が少なくなってしまいました。
しかし、まだ皆さんの周りに残っている植物もあります。クズやススキは、現在も河川敷など身近な場所で見ることができます。季節の風習に合わせて、身近な自然に少し目を向けてみてはいかがでしょうか。

みどりと環境の情報館(エコベルデ)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル