ユーザー登録
文字サイズ

北区ニュース 令和2年11月20日号

花*みどりやすらぎコーナー

6/26

東京都北区

◆海苔と日本人
ウシやウマが草から栄養をとるために、消化管にいる細菌の力を借りていることはよく知られていますね。実は、人間の腸内にも約1,000種類の細菌が住んでいます。
近年、日本人の腸内細菌から、海苔を栄養源とする海洋微生物由来の遺伝子が発見されました。欧米人の腸内には同様な細菌がいないことから、古くから習慣的に海藻を食べてきた日本人が、腸内に海藻を分解する細菌を取り入れていることが分かりました。私たちは遠い祖先から、地域の生態系と細菌レベルで関わってきたんですね。風土に合ったものを食べる暮らしの知恵は、生物学的にも理にかなっていたわけです。
今後は、人間の排泄物の化石から、地域固有の食物嗜好がもたらした腸内細菌の変化や、人類の進化に与えた影響などについてもDNA解析の研究が進むと言われています。
細菌も生き物ですから得意なエサ、不得意なエサがあります。今度、海藻を食べる時は、腸内に広がる細菌たちの生物多様性についても考えてみてください。

東京家政大学

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階