ユーザー登録
文字サイズ

北区ニュース 令和2年5月20日号

6月は土砂災害防止月間です

20/24

東京都北区

梅雨の季節は、長雨や豪雨により地盤がゆるみ、がけ崩れが起こりやすくなります。気象情報には十分注意してください。

●このようながけ・擁壁等が危険です
(1)雨水がしみ込みやすく、がけ崩れの対策がなされていない急傾斜地
(2)亀裂がある、膨らんで(傾いて)いる擁壁
(3)水抜き穴がない、あってもふさがっている擁壁
(4)大谷石や雑石積などの擁壁
以上のような、がけ・擁壁等は放置せず早く安全な擁壁に改善してください。

●簡単な応急措置
がけの斜面や擁壁の上部から雨水がしみこまないようにシートなどで覆いましょう。

問合せ:建築課構造設備係(区役所第一庁舎7階7番)
【電話】3908-9176

がけ・擁壁等は、地震のときにも崩れることがあります。尊い人命、財産を守るために、日頃からがけや擁壁の状態に注意し、維持管理に努めてください。

(1)がけ・擁壁改修アドバイザー派遣事業(無料)
対象:道路に面する高さ1.5m以上のがけ、擁壁及び道路等以外の土地に面しており、高さ2mを超えるがけ、擁壁の所有者等
内容:無料で専門家を派遣し、現地調査、現状の問題点や今後の改修等の助言等を行います。

(2)擁壁等安全対策支援事業(令和2年4月より一部拡充)
対象:高さ2.0m超または道路に面した高さ1.5m以上の危険ながけ、擁壁等の所有者
内容:
 1)擁壁工事に要した費用の3分の1(上限400万円)
 2)土砂災害特別警戒区域内にある擁壁については工事に要した費用の2分の1(上限600万円)
 3)区の実施した調査に基づき総合評価ランクD・Eに該当するがけ及び擁壁については工事費用の2分の1(上限1,000万円)

(3)土砂災害対策支援事業(一部助成)
対象:土砂災害特別警戒区域内にある住宅などの所有者
内容:土砂災害に対して安全な構造となる改修工事に要した費用の5分の1(上限75万円)

=以下(1)~(3)共通=
※各事業の助成を受けるためには一定の要件があり、契約前に手続きが必要です。詳しくはお問い合わせください。
問合せ・申込先:建築課建築防災担当(区役所第一庁舎7階11番)
【電話】3908-1240

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階