ユーザー登録
文字サイズ

税申告の受付が始まります

2/93

東京都北区

王子税務署から 申告書はご自分で作成して提出はお早めに
平成28年分の所得税、復興特別所得税・消費税及び地方消費税・贈与税の申告から、マイナンバー(個人番号)が必要になります。申告書を税務署へ提出する際は、申告書に記載されたマイナンバーを確認する必要があるため、申告者ご自身の「マイナンバーカード」または通知カードなどの「番号確認書類」と運転免許証などの申告者ご本人を証明する「身元確認書類」の提示またはその写しの提出が必要となりますのでご注意ください。
詳しくは、ホームページをご覧ください。

HP http://www.nta.go.jp/mynumberinfo/index.htm

■申告
[申告期間]下表のとおり
image_1

●ご自身で作成できる方
国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で、ご自宅のパソコンなどから申告書を作成できます。作成した申告書は印刷
(白黒可)し、郵送で提出することもできます。
[郵送の際の注意点]
・封筒の裏側にご自分の住所・氏名を記入してください。
・申告書等の「控」に税務署の受付印が必要な方は、「控」に住所・氏名などをボールペンで記載して、切手をは貼った返信用封筒を同封してください。

●署での相談が必要な方
・申告書作成会場開設期間…2月16日(木)~3月31日(金) ※土・日曜、祝日を除く
・2月19日(日)・26日(日)は開場し、確定申告書作成のアドバイス・用紙の配布及び申告書の受付などを行います(電話による相談・国税の領収・納税証明書の発行は行いません)。なお、上記期間以外に申告書作成会場はありませんのでご注意ください。
[申告書の提出・作成会場の利用時間]
・申告書の提出及び申告書用紙配布…平日 午前8時30分~午後5時
・申告書作成のアドバイス…平日 午前9時15分~午後5時(混雑状況により、受付を早めに終了する場合があります)
※税務署の駐車場は使用できませんので、車での来署はご遠慮ください。

■納税
●納税の期限(納付書で納付する場合)
image_2

●振替納税を利用する場合の振替日
image_3

問 [提出先]〒114-8560 王子3-22-15 王子税務署 TEL( 3 9 1 3 )6 2 1 1

王子税務署から 税理士による無料申告相談
所得税及び復興特別所得税の申告書作成のアドバイスや申告書の提出ができます。

対 給与所得者、年金受給者の方、事業所得、不動産所得、雑所得がある方のうち、昨年の所得金額が300万円以下の方
※株式等や不動産の売買による譲渡所得のある方、住宅借入金等特別控除の初年度の方など相談内容が複雑な場合は除きます。

image_4

[開設時間]午前9時30分~正午、午後1時~3時30分
※会場の混雑状況により、受付を早めに終了する場合があります。
※確定申告関係書類(源泉徴収票、保険料控除証明書、前年の「控」など)、筆記具、印鑑、マイナンバーに係る本人確認書類(マイナンバーカードや通知カードなどの番号確認書類及び運転免許証などの身元確認書類)の写し、を持参ください。
※相談会場にコピー機はありませんので、写しなどは事前にご用意ください。
※申告書の提出のみの場合は、直接、税務署に提出(郵送可)してください。
※各会場とも、車での来場はご遠慮ください。

問 王子税務署 TEL( 3 9 1 3 )6 2 1 1

北区役所から 特別区民税・都民税の申告は3月15日(水)まで

●申告をしていただく方
1)平成29年1月1日現在、区内に住所があり、28年1月から12月の間に所得のあった方
2)区内に住所がなくても、事務所・事業所・家屋敷を区内にお持ちの方
※マイナンバーの確認できる書類と身分証明書などを持参ください。
※1)で所得がなかった方に申告書が送付された場合には、生活費の入手先などを申告書裏面の「前年の所得がなかった方」の記入欄に記入し、提出してください。

●申告をしなくてもよい方
1)税務署に所得税の確定申告をする方
2)勤務先で年末調整を行っていて、特別区民税・都民税が給与から差し引かれる方で、給与以外に所得がなかった方

[申告書の送付]2月1日(水)頃
※各地域振興室に1月下旬〔25日(水)以降〕に申告書などを配備する予定です。
[申告書受付場所及び時間]
1)区役所での受付
日 午前8時30分~午後5時(土・日曜、祝日を除く)
場 区役所税務課課税第1係~4係(区役所第一庁舎2階8番~11番)
2)区役所以外での受付

●赤羽地区
日 3月14日(火)・15日(水) いずれも午前9時30分~午後4時30分
場 赤羽会館4階第7集会室

●滝野川地区
日 3月15日(水) 午前9時30分~午後4時30分
場 滝野川会館4階403集会室(西ケ原1-23-3)
※申告書は郵送でも受け付けます。
問 [提出先]〒114-8508(住所不要)税務課(課税担当) TEL( 3 9 0 8 )1 1 1 3

平成29年度の特別区民税・都民税について
●給与所得控除の見直し(上限額の引き下げ)
平成26年度税制改正で、給与所得控除の見直しがされ、給与所得控除の上限額が適用される給与収入1,500万円(控除額245万円)を「平成28年分は1,200万円(控除額230万円)に、平成29年分以降は1,000万円(控除額220万円)に引き下げる」こととされました。

●日本国外に居住する親族に係る扶養控除等の書類の添付義務化
平成27年度税制改正で、日本国外に居住する親族(国外居住親族)に係る扶養控除等の適正化の観点から、所得税の確定申告や個人住民税の申告等において、国外居住親族にかかる扶養控除・配偶者控除・配偶者特別控除・障害者控除(16歳未満の扶養親族を含む)の適用を受ける者は、「親族関係書類及び送金関係書類を添付又は、提示をしなければならない」こととされました。

●金融所得課税の一体化
公社債等については、平成25年度税制改正において、税負担に左右されずに金融商品を選択できるよう、異なる税率等の課税方式の均衡化を進める観点から、株式等の課税方式と同一化することとされました。また、特定公社債等の利子及び譲渡損益並びに上場株式等の金融商品間の損益通算範囲を拡大し、3年間の繰越控除ができることとされました。

問 税務課 TEL( 3 9 0 8 )1 1 1 3

国税電子申告・納税システム(e-Tax)
e-Taxは、インターネットで国税に関する申告、申請など納付の手続きができるシステムです。
※医療費の領収証や源泉徴収票などは、 その記載内容を入力して送信することにより、 提出などを省略することができます。 また還付申告は、 早期に処理をしています。
※マイナンバーカードを利用して送信する場合は本人確認書類の写しの提出は不要です。
e-Taxをご利用いただくためには、事前の手続きが必要です。詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。
HP http://www.e-tax.nta.go.jp/

株式等の譲渡所得の申告
平成28年中に株式等を売却した方は、原則として譲渡所得などについて所得税の確定申告が必要になります。
また、前年の確定申告において、上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除の特例を受けている方は、連続して所得税の確定申告が必要です。

問 〒114-8560 王子3-22-15 王子税務署 TEL( 3 9 1 3 )6 2 1 1

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル