ユーザー登録
文字サイズ

北区ニュース 平成30年1月20日号

国保・後期高齢者医療

6/36

東京都北区

【国保】
◆平成30年度から「国民健康保険制度」が変わります
平成30年度から、東京都と北区が共同で国保の運営を行います。東京都が国保の運営に加わることにより、国保財政の安定化や事務の標準化など、将来にわたって持続可能な制度を確保します。なお、制度の変更に伴って、新たに必要となるお手続きはありません。現在お使いの被保険者証は有効期限まで引き続きお使いいただけます。
各種申請や届出、保険料の納付などは今までどおり北区の担当窓口で受け付けます。
〇東京都の役割
・財政運営の責任主体
・国保運営方針に基づき、事務の効率化、標準化、広域化を推進
・区市町村ごとの標準保険料率を算定・公表
・保険給付費等交付金の区市町村への支払い
〇北区の役割
・資格を管理(被保険者証等の発行)
・保険給付費の決定、支給
・標準保険料率等を参考に保険料率を決定
・保険料の賦課・徴収
・国保事業費納付金を東京都に納付
〇主な変更点
(1)資格の管理
資格管理を都道府県単位で行うことになるので、東京都内のほかの区市町村へ転居した場合でも資格は継続します。(被保険者証は転居後の区市町村で改めて発行します。)
(2)高額療養費の多数回該当
過去12カ月以内に高額療養費の支給が4回以上ある場合に自己負担限度額が引き下げられる制度について、東京都内のほかの区市町村へ転居した場合でも、転居前と同じ世帯であることが認められるときは、転居前の支給も通算されます。これにより経済的な負担が軽減されます。
問合せ:国保年金課庶務係(区役所第一庁舎2階27番)【電話】3908-1130

【国保・後期高齢者医療】
◆国民健康保険料、後期高齢者医療保険料は社会保険料控除の対象になります
所得税の確定申告や住民税の申告の際には、平成29年1月から12月までに実際に納付した保険料の合計額を他の社会保険料と合算して「社会保険料控除欄」へ記入してください。
口座振替の方は12月に発送した「口座振替済のお知らせ」をご確認ください。
また、後期高齢者医療制度で特別徴収(年金からの差し引き)の方は1月下旬に発送する「後期高齢者医療保険料(特別徴収済)のお知らせ」をご確認ください。
なお、納付した金額がご不明な場合はお問い合わせください。
問合せ:[国民健康保険料について]国保年金課国保保険料係 【電話】3908-1159
[後期高齢者医療保険料について]国保年金課高齢医療係 【電話】3908-9069

◆高額医療・高額介護合算制度
医療保険と介護保険の両方を利用する世帯の自己負担の軽減を目的としたもので、高額療養費等の支給を受けてなお残る医療保険と介護保険の1年間(毎年8月1日~翌年7月31日)の自己負担額を合算して下表の限度額を超えた場合、申請により限度額を超えた金額が支給されるものです。
支給対象(見込み)世帯には、高額介護合算療養費等支給申請書を順次送付します。
自己負担限度額表(平成28年8月~29年7月)
(1)70歳以上の方がいる世帯

(2)70歳未満の方がいる世帯

〇平成29年7月31日現在、北区国民健康保険に加入している世帯
対象:(1)平成28年8月~29年7月まで引き続き北区国民健康保険に加入している世帯で、高額介護合算療養費の支給対象(見込み)の世帯…平成30年1月末から順次支給申請書を送付します。
(2)上記期間に引き続き北区に住所がある方で、この期間に他医療保険から北区国民健康保険に加入した方…前に加入していた医療保険の自己負担額証明書を添付して、支給申請書を提出してください。支給申請書は下記の窓口にあります。
(3)上記期間に北区に転入し、平成29年7月31日現在、北区国民健康保険に加入の方…前に加入していた医療保険の自己負担額証明書及び前住所地の介護保険自己負担額証明書を添付して、支給申請書を提出してください。支給申請書は下記の窓口にあります。
申込み:[申請に必要なもの]詳しくは、支給申請書に同封の案内をご覧ください。
問合せ・申込先:国保年金課国保給付係(区役所第一庁舎2階22番)【電話】3908-1132

〇平成29年7月31日現在、後期高齢者医療制度に加入の方
対象:(1)平成28年8月~29年7月まで引き続き後期高齢者医療制度に加入している世帯で、高額介護合算療養費の支給対象(見込み)の世帯…東京都後期高齢者医療広域連合から支給申請書を平成30年2月中旬から順次送付します。
(2)上記期間内に後期高齢者医療制度に加入した方や転入した方…支給申請書は送付されない場合があります。該当すると思われる方は、前に加入していた医療保険の自己負担額証明書及び前住所地の介護保険自己負担額証明書を添付して、申請してください。支給申請書は下記の窓口にあります。ただし、北区の国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行した方は、自己負担額証明書の添付を省略できます。
申込み:郵送または直接窓口で申請してください。
[窓口での申請に必要なもの]支給申請書に同封の案内をご覧ください。
問合せ・申込先:〒114-8508(住所不要)国保年金課高齢医療係(区役所第一庁舎2階21番)【電話】3908-9069

〇国民健康保険・後期高齢者医療制度以外の方
北区の公的保険(国民健康保険・後期高齢者医療制度)以外の医療保険に加入していて、北区の介護保険サービスの利用実績がある方は、平成29年7月31日現在で加入している医療保険者に対し、北区で発行する介護保険自己負担額証明書を添付して申請してください。自己負担額証明書の申請は随時受け付けています。
[申請に必要なもの]介護保険被保険者証、介護保険被保険者の印鑑(朱肉を使うもの)、口座番号のわかるもの、支給申請書
問合せ:介護保険課給付調整係(区役所第一庁舎1階13番)【電話】3908-1286

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル